受注から処理、確認、出荷まで

Point.1注文を受ける

Point.1注文を受ける

YumotoVietnamは日本の湯本電子合資会社のアルミニウム加工会社であるため、加工内容、加工精度、製品品質基準は日本の親会社と同じです。

Point.2プロセスを迅速に整理する

Point.2プロセスを迅速に整理する

大きな画面は、配達日と配達担当者に割り当てられた配達時間とタスクを管理するために使用され、各エンジニアは配達日前にそれを完了する努力を担当します。 指定する.

Point.3加工方法

Point.3加工方法

PCでプログラムを作成し、データを自動ボール盤(α-D21LiB)に送信し、必要な調整を行います。 実際の処理の前に、プログラムの内容と図面を再度比較して、エラーがないことを確認します。 これにより、不注意によるミスの半分以上が防止されます。 許容差は、アルミニウムでは0.01、プラスチックでは0.03です。 メッキの場合、メッキがプログラムされたときに処理許容誤差が計算されます。

Point.4進め方

Point.4進め方

公差の厳しい図面が多いため、スタッフが処理段階のパラメータをチェックして、製品を高精度で作成します。 取り扱いを誤った場合でも、損傷を最小限に抑えることができます。

Point.5時間を節約

Point.5時間を節約

製品を処理するプロセスでは、効率的なプログラミングプログラミングのためにブレードの動きが止まるまで、次の製品プログラミング、面取り、バリ取りを実行して、時間を無駄にしないようにします。

Point.6目標時間

Point.6目標時間

各図面には目標時間がインストールされており、その時間内に完了するために人々は機械加工に進みます。 ただし、処理時間の必要性が目標処理時間よりも大きい場合は、失われた時間の原因を考える会議が開催されます。 そうすることで、会社が成長し、処理環境も厳しくなります。